コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韶関 しょうかん

百科事典マイペディアの解説

韶関【しょうかん】

中国,広東省北部の都市。旧名曲江京広鉄路に沿い省北部の経済の中心。湖南江西両省からの貨物の中継地をなし,また北江上流域物資を集散。付近に石炭,アンチモンタングステンなどを産し,華南の重要工業都市に発展しつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうかん【韶関 Sháo guān】

中国,広東省北部の工業都市。人口41万(1994)。楽昌市と6県,1自治県を管轄する。戦国時代は楚の領域,秦・漢時代は桂陽県の地で,漢代ここに曲江県が置かれた。唐代は韶州,明・清時代は韶州府の治所であった。北江の二大支流湞水と武水の合流点で,市は両河に三面をめぐらされ半島状を呈する。武水をさかのぼれば湖南に,湞水をさかのぼれば江西に通じ,南へ下れば珠江三角州に達する。唐・宋以後,広東貿易が盛んであったころには中原に向かう貨物は必ずここを通過した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韶関
しょうかん / シャオコワン

中国、広東(カントン)省北部の地級市。曲江(きょくこう)、武江(ぶこう)(ていこう)の3市轄区、4県と1自治県を管轄し、楽昌(らくしょう)、南雄(なんゆう)の2県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口326万4900(2012)。珠江(しゅこう)水系の北江の源流である武水と(とうすい)の合流点に位置し、京広線に沿う。広東、湖南(こなん)、江西(こうせい)3省の交通の要衝で、漢代から開けた古い町である。付近に鉄鉱山や炭坑があり、鉄鋼業を中心に機械、電機、化学などの工業が盛んである。市内に風采楼(ふうさいろう)、郊外に南華禅寺や唐代の名臣張九齢(ちょうきゅうれい)の墓があり、曲江区の名勝獅子岩(ししいわ)では、馬(ばは)人とよばれる更新世後期の化石人骨が発見されている。[青木千枝子・河野通博・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

韶関の関連キーワード中国の環境汚染と人体被害コワントン(広東)省シャオコワンペイ(北)江広東[省]広東(省)馬壩人慧能北伐

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

韶関の関連情報