コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順の舞 ジュンノマイ

2件 の用語解説(順の舞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐の‐まい〔‐まひ〕【順の舞】

席にいる者が順に舞をまうこと。また、その舞。
「我を覚えぬ程の酔のまぎれに―の芸づくし」〈浮・桜陰比事・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんのまい【順の舞】

宴席などで一座の者が順に立って舞うこと。古くからの宴における風習であったらしく,《日本書紀》巻十五の億計(おけ)王の新室の宴は〈夜深く酒酣(たけなわ)にして,次第(ついでついで)に儛ひ訖(おわ)る〉とあり,次々に立って舞うようすが記される。下って中世末期の多武峰(とうのみね)の延年台本に〈順々ノ舞〉と見えるが,延年などでは古くから参集の僧が位の順に舞うのが決りであったらしく,日光山輪王寺の《常行堂修正故実双紙》などにも具体的なようすが記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

順の舞の関連キーワード一座の宣旨歌女座中通題肉林独り舞台裏芸立ち舞ふ出合罰杯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone