順の舞(読み)ジュンノマイ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐の‐まい〔‐まひ〕【順の舞】

席にいる者が順にをまうこと。また、その舞。
「我を覚えぬ程の酔のまぎれに―の芸づくし」〈浮・桜陰比事・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんのまい【順の舞】

宴席などで一座の者が順に立って舞うこと。古くからの宴における風習であったらしく,《日本書紀》巻十五の億計(おけ)王の新室の宴は〈夜深く酒酣(たけなわ)にして,次第(ついでついで)に儛ひ訖(おわ)る〉とあり,次々に立って舞うようすが記される。下って中世末期の多武峰(とうのみね)の延年台本に〈順々ノ舞〉と見えるが,延年などでは古くから参集の僧が位の順に舞うのが決りであったらしく,日光山輪王寺の《常行堂修正故実双紙》などにも具体的なようすが記されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android