コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順覚 じゅんかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

順覚 じゅんかく

1268-? 鎌倉-南北朝時代の連歌師,僧。
文永5年生まれ。善阿(ぜんあ)の門人。救済(ぐさい)や信昭(しんしょう)らとともに地下(じげ)の連歌師として活動し,正和(しょうわ)元年の法輪寺千句などに参加。「菟玖波(つくば)集」に19句がのっている。文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年(1355)ごろまでは生存。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

順覚の関連キーワード南北朝時代信昭(2)筒井順永二条良基連歌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android