コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順覚 じゅんかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

順覚 じゅんかく

1268-? 鎌倉-南北朝時代の連歌師,僧。
文永5年生まれ。善阿(ぜんあ)の門人。救済(ぐさい)や信昭(しんしょう)らとともに地下(じげ)の連歌師として活動し,正和(しょうわ)元年の法輪寺千句などに参加。「菟玖波(つくば)集」に19句がのっている。文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年(1355)ごろまでは生存。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

順覚の関連キーワード南北朝時代信昭(2)筒井順永二条良基連歌

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android