コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須崎湾 すさきわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須崎湾
すさきわん

高知県中部,土佐湾中部の支湾。湾奥部が狭長なため,古来,津波や高潮の被害をしばしば受けた。リアス海岸で,水深が大きく,重要港湾の須崎港が湾奥部にある。県下唯一の大型船避泊地で,西の角谷岬に接して石灰石積出し用専用岸壁などが整備されている。須崎湾の南東には野見半島,戸島中ノ島などに囲まれた野見湾があり,ハマチなどの養殖が行われる。須崎,野見湾周辺は景勝に富み須崎湾県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須崎湾
すさきわん

高知県、土佐湾のほぼ中央にある小湾。別称錦浦(きんぽ)湾。南東部にハマチ養殖が盛んな野見湾を付属させる。土佐湾随一の自然の良港で、角谷(かどや)岬以北の須崎港のある湾奥部は狭長で、津波、高潮の害も少ない。須崎港は市街地の主岸壁のほか、セメント工場専用の大峰岸壁、角谷岬付近の石灰石積出し専用岩壁などもある。変化に富むリアス式海岸一帯は須崎湾県立自然公園に指定されている。[大脇保彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

須崎湾の関連キーワード土佐藩砲台跡須崎[市]葉山[村]須崎(市)高知(県)須崎市新荘川

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android