コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須崎市 すさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須崎〔市〕
すさき

高知県中部,土佐湾に面する市。 1954年須崎町と浦ノ内,多ノ郷,吾桑,上分の4村が合体して市制。新荘川流域の狭長な平野を除くと,市域はほとんど山地。須崎,浦ノ内,野見の3湾をもち,かつてはカツオ漁の基地として繁栄した。現在は野見,浦ノ内両湾ではハマチなどの養殖が行われている。須崎港は水深が大きい良港で,木材,石灰石,セメントなどの積出港。 65年に重要港湾に指定された。従来,石灰・造船・製材・水産加工工業が行われてきたが,第2次世界大戦後,セメント,電子工業が進出し,高知市に次ぐ工業都市に発展。平野部では野菜,果物の施設園芸が行われ,南斜面にはミカン園が多い。海岸はリアス式で,変化に富み,横浪,須崎湾の2つの県立自然公園がある。史跡の幕末の土佐藩砲台跡や天然記念物の大谷の大クス,横浪三里なども知られる。 JR土讃線,国道 56号線,197号線,494号線が通る。面積 135.44km2。人口 2万2606(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すさき‐し【須崎市】

須崎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

須崎市の関連キーワード高知県須崎市浦ノ内立目摺木高知県須崎市浦ノ内下中山高知県須崎市浦ノ内須ノ浦高知県須崎市浦ノ内今川内高知県須崎市浦ノ内灰方高知県須崎市浦ノ内福良高知県須崎市浦ノ内西分高知県須崎市浦ノ内出見高知県須崎市浦ノ内塩間高知県須崎市桑田山甲高知県須崎市桑田山乙高知県須崎市東古市町高知県須崎市吾井郷乙高知県須崎市吾井郷甲高知県須崎市大間本町高知県須崎市南古市町高知県須崎市西古市町高知県須崎市多ノ郷甲高知県須崎市大間西町高知県須崎市大間東町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

須崎市の関連情報