コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頓別平野 とんべつへいや

3件 の用語解説(頓別平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頓別平野
とんべつへいや

北海道北部,宗谷丘陵の東方にあるオホーツク海岸の平野。丘陵から東流するカリベツ,猿払,オサチナイ,頓別などの河川の下流部の沖積地と,海岸の砂丘,浜堤列から成る。ポロ沼,モケウニ沼,クッチャロ湖などの湖沼と,排水不良の泥炭地が多く,畑作には不適で,草地酪農が行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕頓別平野(とんべつへいや)


北海道北部、オホーツク海に臨む平野。西の宗谷(そうや)丘陵から流れる頓別川・猿払(さるふつ)川などの下流域を占める。オホーツク海沿岸の砂丘列の内側に広大な低湿地が広がり、クッチャロ湖・ポロ沼・猿骨(さるこつ)沼などの潟湖(せきこ)が点在する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頓別平野
とんべつへいや

北海道北部、オホーツク海に面した平野。背後には宗谷(そうや)丘陵と北見山地北部のポロヌプリ山地が連なる。名寄(なよろ)盆地、上川(かみかわ)盆地、富良野(ふらの)盆地と続く中央盆地列の延長部にあたる。宗谷総合振興局管内の猿払(さるふつ)村、浜頓別(はまとんべつ)町一帯を占める低湿な沖積地と、砂丘、海岸段丘からなり、南部には泥炭湿原が広がり、クッチャロ湖などの湖沼がある。泥炭湿原は東天北(ひがしてんぽく)原野ともよばれ、広大な未利用地が残されている。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頓別平野の関連キーワード網走ОхотскFMオホーツクオホーツクビールオホーツク紋別北海道道立オホーツク公園稚内[市]北海道オホーツク〈総合振興局〉北海道宗谷〈総合振興局〉北海道稚内市宗谷岬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone