コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頓別平野 とんべつへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頓別平野
とんべつへいや

北海道北部,宗谷丘陵の東方にあるオホーツク海岸の平野。丘陵から東流するカリベツ,猿払,オサチナイ,頓別などの河川の下流部の沖積地と,海岸の砂丘,浜堤列から成る。ポロ沼,モケウニ沼,クッチャロ湖などの湖沼と,排水不良の泥炭地が多く,畑作には不適で,草地酪農が行われる。砂丘の一部と湖沼は北オホーツク道立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕頓別平野(とんべつへいや)


北海道北部、オホーツク海に臨む平野。西の宗谷(そうや)丘陵から流れる頓別川・猿払(さるふつ)川などの下流域を占める。オホーツク海沿岸の砂丘列の内側に広大な低湿地が広がり、クッチャロ湖・ポロ沼・猿骨(さるこつ)沼などの潟湖(せきこ)が点在する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頓別平野
とんべつへいや

北海道北部、オホーツク海に面した平野。背後には宗谷(そうや)丘陵と北見山地北部のポロヌプリ山地が連なる。名寄(なよろ)盆地、上川(かみかわ)盆地、富良野(ふらの)盆地と続く中央盆地列の延長部にあたる。宗谷総合振興局管内の猿払(さるふつ)村、浜頓別(はまとんべつ)町一帯を占める低湿な沖積地と、砂丘、海岸段丘からなり、南部には泥炭湿原が広がり、クッチャロ湖などの湖沼がある。泥炭湿原は東天北(ひがしてんぽく)原野ともよばれ、広大な未利用地が残されている。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

頓別平野の関連キーワード岡本次郎泥炭湿原低湿地潟湖

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android