コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗谷丘陵 そうやきゅうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗谷丘陵
そうやきゅうりょう

北海道北部,天塩山地北端部を占める丘陵天塩川山地を横切る横谷北岸から,北は宗谷岬まで延び,東はトイカンベツ川の河谷,西は幌延 (ほろのべ) 断層線で境される。南北約 90km,東西約 11~25km。南半部は標高 300~400mで,北に向って低く傾斜。全体的に起伏の小さい山地であるが,中部に残丘状の独立峰が数峰ある。最高峰はポロシリ山 (429m) 。南部にはエゾマツトドマツの森林が多いが,北部では乱伐や山火事のあとの植林が十分でなく,クマザサ原野が広い。近年は酪農の発展に伴って牧草地化が進んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうや‐きゅうりょう〔‐キウリヨウ〕【宗谷丘陵】

北海道北部にある丘陵。先端部に宗谷岬がある。氷河が凍結と融解を繰り返してできた周氷河地形が見られ、標高20メートルから400メートルの平坦でなだらかな丘陵が続く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうやきゅうりょう【宗谷丘陵】

北海道北部,天塩(てしお)山地のうち天塩川とその支流トイカンベツ川の河谷以北の丘陵地をいう。おおむね100~400mの標高のなだらかな起伏地で,南部に高く,北部に低い。北端部で宗谷岬野寒布(のしやつぷ)岬を突出させ,中央部には幌尻(ほろしり)山(427m),モイマ山(232m)など残丘状の独立峰がある。中部,南部には第三紀の夾炭層が発達し,天北(てんぽく)炭田地帯となっている。トドマツ,エゾマツなど針葉自然林におおわれる部分が多いが,北部は開拓期以来の山火事でほとんど樹木がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕宗谷丘陵(そうやきゅうりょう)


北海道北部にある丘陵。北端は宗谷(そうや)海峡に突出した宗谷岬、南は天塩(てしお)川の河谷で天塩山地と隔てられる。南北約80km。中部に幌尻(ほろしり)山(標高427m)などが突出し、北部は標高200m前後と低い。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗谷丘陵
そうやきゅうりょう

北海道北端部の宗谷岬から南に延びる丘陵。天塩(てしお)山地の延長部分にあたるが、天塩山地とは天塩川の河谷によってくぎられている。南部は標高100メートルから400メートルで、北部に行くにつれてしだいに低くなる。起伏はなだらかであるが、中央部に幌尻(ほろしり)山(427メートル)、モイマ山(232メートル)など残丘状の独立峰がある。中央部、南部には第三紀夾炭(きょうたん)層が発達し、天北(てんぽく)炭田となっている。埋蔵量は10億トンといわれるが、品位は低く、現在はほとんど採炭されていない。丘陵はトドマツ、エゾマツなどの森林に覆われる部分も多いが、北部は開拓期からの山火事により樹木がほとんどみられない。宗谷岬に近い部分では大規模な草地開発が行われている。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

宗谷丘陵の関連キーワード北海道稚内市宗谷岬豊富[町]幌延[町]稚内(市)幕別平野岡本次郎天北炭田頓別平野豊富町幌延町海峡

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗谷丘陵の関連情報