コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頓宮 トングウ

デジタル大辞泉の解説

とん‐ぐう【頓宮】

仮の宮殿行宮(あんぐう)。
「廟院の南に―あり」〈著聞集・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

頓宮【とんぐう】

天皇の行幸(ぎょうこう)の際に設営される仮宮と,斎宮(さいぐう)が伊勢に向かう時と帰京する時,路次に設けられた仮宮をいう。前者は行宮(あんぐう)・行在所(あんざいしょ)とほぼ同義。
→関連項目赤坂

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とんぐう【頓宮】

仮りの皇居。《続日本紀》などにみえて旅行中の天皇の宿泊所をさしており,急場の一時的な皇居あるいは宮殿のことをいう。後世では行在所(あんざいしよ)という。行宮(あんぐう)ともほぼ同義であるが,滞在が比較的長期にわたる場合とくに行宮と呼ぶことが多い。斎宮(さいぐう)の京都~伊勢間の休泊所をさしてもいうことがあり,奈良~平安時代の記録にみえる。【飯倉 晴武】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とんぐう【頓宮】

にわかに造った仮の宮殿。仮宮かりみや

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の頓宮の言及

【行宮】より

…頓宮とも書き,〈かりみや〉ともいった。天皇の諸国巡幸のとき,駐輦・宿泊のために設けられる施設・建物。…

【御旅所】より

…神社の祭礼のとき,神輿(みこし)(あるいは神幸船)が渡御(とぎよ)して一時安置される場所のこと。御輿宿,頓宮ともいう。《枕草子》に平野社の〈みこしやどり〉が出るのをはじめとして,《兵範記》仁平3年(1153)4月15日条の〈先参御輿旅所〉など,平安末~鎌倉初の記録に,宇治離宮明神,祇園,稲荷,松尾,北野の各社の祭礼に設けられた旅所のことが現れる。…

※「頓宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

頓宮の関連キーワード滋賀県甲賀市土山町頓宮滋賀県大津市膳所三重・鈴鹿関跡垂水斎王頓宮跡村国志我麻呂滋賀県甲賀市青山[町]伊賀(市)石清水祭安積親王土岐頼康賀茂競馬御旅所頓宮氏筥崎宮甲賀者住吉祭祭服高宮土山

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頓宮の関連情報