コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭振 あたまふり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭振
あたまふり

江戸時代,金沢藩領の無高 (むたか) 農民のこと。同藩では高持百姓分割相続が限定されていたので,その子弟は小作その他の雑業生計を立てなければならなかった。したがって租税負担も軽く,社会的地位も低かったのでこう呼ばれた。また行政上農村とされた宿場在郷町の無高町人も同じように頭振と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

頭振【あたまふり】

北陸の金沢(かなざわ)藩とその支藩,および能登(のと)国に散在した土方(ひじかた)藩領で用いられた無高(むだか)百姓の呼称海村山村,および村に属す港・宿場・門前などの都市的な場所に居住。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頭振
あたまふり

金沢藩における無高(むだか)百姓の俗称。天領の水呑(みずのみ)百姓にあたる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

頭振の関連キーワード大聖寺一揆江戸時代真如堂水呑睡眠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android