コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭振 あたまふり

3件 の用語解説(頭振の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭振
あたまふり

江戸時代,金沢藩領の無高 (むたか) 農民のこと。同藩では高持百姓分割相続が限定されていたので,その子弟は小作その他の雑業で生計を立てなければならなかった。したがって租税負担も軽く,社会的地位も低かったのでこう呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

頭振【あたまふり】

北陸の金沢(かなざわ)藩とその支藩,および能登(のと)国に散在した土方(ひじかた)藩領で用いられた無高(むだか)百姓の呼称。海村・山村,および村に属す港・宿場・門前などの都市的な場所に居住。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頭振
あたまふり

金沢藩における無高(むだか)百姓の俗称。天領の水呑(みずのみ)百姓にあたる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頭振の関連キーワード無高大高元哲清光(4)朽木兵左衛門黒川盛隆駒井元申前田孝貞前田光高水野好栄

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

頭振の関連情報