コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頸城油田 くびきゆでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頸城油田
くびきゆでん

新潟県南西部,高田平野一帯にある石油・天然ガス田。日本海に沿う上越市の油田構造の総称。同地域の石油探鉱の歴史は古く,明治時代にさかのぼるが,本格的な探鉱は第2次世界大戦後で,地震探鉱によって始められた。 1953年明治地区でガス層を発見,1959年潟町地区で原油発見,1960年から沖合探鉱に着手,第1人工島が建設されて海洋掘削を開始,1963年,1967年,1968年にそれぞれ第2,第3,第4人工島が建設されて開発が進められた。しかし生産量は 1968年を最大に減産し始めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くびき‐ゆでん【頸城油田】

新潟県南西部、高田平野北部にある油田・ガス田。一部は日本海の海底に及ぶ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone