コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頸城油田 くびきゆでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頸城油田
くびきゆでん

新潟県南西部,高田平野一帯にある石油・天然ガス田日本海に沿う上越市油田構造の総称。同地域の石油探鉱の歴史は古く,明治時代にさかのぼるが,本格的な探鉱は第2次世界大戦後で,地震探鉱によって始められた。 1953年明治地区でガス層を発見,1959年潟町地区で原油発見,1960年から沖合探鉱に着手,第1人工島が建設されて海洋掘削を開始,1963年,1967年,1968年にそれぞれ第2,第3,第4人工島が建設されて開発が進められた。しかし生産量は 1968年を最大に減産し始めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くびき‐ゆでん【頸城油田】

新潟県南西部、高田平野北部にある油田・ガス田。一部は日本海の海底に及ぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android