コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直江津 なおえつ

8件 の用語解説(直江津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直江津
なおえつ

新潟県南西部,上越市の旧市域。関川河口に位置し上越市の中心市街地。1954年市制施行。1971年高田市と合体して上越市と改称,一地区名として残った。日本海に臨み,古くから港町として発展,戦国時代には近くの春日山上杉氏が築城。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なおえつ〔なほえつ〕【直江津】

新潟県上越市の地名。旧直江津市。日本海に面し、古くからの交通の要地。戦国時代には上杉氏の春日山城城下町江戸時代には高田の外港として発展。現在は工業が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

直江津【なおえつ】

新潟県上越(じょうえつ)市の地区名。1954年に直江津市が成立,1971年に高田(たかだ)市と合併し上越市となった。越後国頸城(くびき)郡に属する。荒(あら)川河口の中心市街は古代からとして発達,近世には今町とよばれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なおえつ【直江津】

新潟県南西部,上越市の北半を占める地域で,旧市名。旧市は1954年市制,71年高田市と合体して上越市となった。荒川河口に臨み,古くは越後国府の所在地であった。直江の浦,直江の津などの名で説経や謡曲にみえ,港町として栄えていたことがうかがわれる。港は今町湊とも称され,《廻船式目》にも三津七湊の一として記される。また北陸街道の宿場町として繁栄した。今町湊は戦国時代は春日山城下の,江戸時代は高田城下の外港であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なおえつ【直江津】

新潟県上越市の地名。旧直江津市。港湾・工業地区。日本海に面する古くからの港町。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕直江津(なおえつ)


新潟県上越市中北部の地区。
旧・直江津市の市域をさす地域名。同市は1971年(昭和46)高田市と合併して上越市となった。古代から知られた港町で、今町湊(いままちみなと)ともよばれ、中世は春日山城下町の、近世には高田城下町の外港として繁栄。近代からは信越本線から北陸本線が分岐する鉄道交通の要衝ともなった、第二次世界大戦後、直江津港重要港湾として発展、県西部最大の臨海工業地帯となる。金属・化学・電機などの工業が盛ん。

〔新潟県〕直江津(なおえつ)


新潟県上越(じょうえつ)市北部の地区。旧直江津市の市域をさす。同市は1971年(昭和46)高田(たかだ)市と合併、上越市となった。古代から知られた港町。今町湊(いままちみなと)ともよばれ、中世は春日山(かすがやま)城下町の、江戸時代は高田城下町の外港として繁栄。近代からはJR信越(しんえつ)本線から北陸(ほくりく)本線が分岐する鉄道交通の要衝ともなった。第二次大戦後、直江津港は重要港湾として発展。金属・化学・電機などの工業が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直江津
なおえつ

新潟県南西、上越(じょうえつ)市にある中心地区の一つ。旧直江津市。古くは『延喜式(えんぎしき)』にみえる宿駅として「水門(みなと)馬五疋(ひき)」の駅伝馬が配された北陸道の湊(みなと)町で、中世は上杉氏の春日山(かすがやま)城下町の外港として重きをなした。上杉景勝(かげかつ)の会津(あいづ)移封後は堀秀治(ひではる)・忠俊(ただとし)の所領となったが、その後、徳川家康が六男松平忠輝(ただてる)に高田藩を開府させ、加賀藩前田家に対する前哨(ぜんしょう)基地とした。これにより高田に城下町が移ったため、直江津は高田城下の外港に変わった。近代は街道交通とともに、信越本線と北陸本線(現在はJR信越本線とえちごトキめき鉄道の日本海ひすいライン、妙高はねうまライン)の交差する陸上交通上の地の利を得て、港の両岸には信越化学、日本ステンレス(現、新日鐡住金)、日曹(にっそう)製鋼(現、太平洋金属)などの大工場が集積を始め、上越臨海工業地帯の核心地域に発展。1964年(昭和39)からは旧河口港内の砂丘に掘込み式新港を築港して、1万5000トン級の船舶が接岸できる新埠頭(ふとう)が完成し、直江津港は重要港湾に指定された。1983年の直江津港の海上貨物輸移出入量は251万トンであった。海岸沿いには、越後一宮(えちごいちのみや)の一つであった居多(こた)神社や、上越市立水族博物館、谷浜、郷津(ごうづ)、直江津などの海水浴場もあり、観光地としても名高い。[山崎久雄]
『『直江津の歴史』(1971・直江津市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の直江津の言及

【今町】より

…海陸交通の要地。今町は直江津ともいい,《義経記》《山荘太夫》,謡曲《婆相天(ばそうてん)》などに直江の津,直井の浦とあり,《婆相天》には問(とい)の左衛門これすけが人身売買をおこなったとある。市街は越後国府が発展して,府中,府内,越府と呼ばれた。…

【上越[市]】より

…新潟県南西部,荒川(関川)下流部に位置して高田平野の北半を占める市。1971年高田市(1911市制)と直江津市(1954市制)が合体して成立した。人口13万2205(1995)。…

※「直江津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

直江津の関連キーワード上越タイムス上越科学館新潟県上越市北方新潟県上越市北城町新潟県上越市北新保新潟県上越市北田中新潟県上越市北谷新潟県上越市北本町新潟県上越市寺町新潟県上越市直江津

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直江津の関連情報