コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼母木桂吉 たのもぎけいきち

2件 の用語解説(頼母木桂吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頼母木桂吉
たのもぎけいきち

[生]慶応3(1867).10.10. 広島
[没]1940.2.19. 東京
政治家。東京高等中学 (一高) 卒業後アメリカに学び報知新聞社に入社。記者,営業部長を経て社長となった。その後 1915年第 12回総選挙に出馬。以来衆議院議員に9回連続当選。憲政会幹事長,憲政会総務会長,立憲民政党総務などを歴任して党務に精励する一方,36年広田弘毅内閣の逓信相に就任した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼母木桂吉 たのもぎ-けいきち

1867-1940 大正-昭和時代前期の政治家。
慶応3年10月10日生まれ。大正4年衆議院議員(当選9回)。憲政会幹事長,民政党総務などをつとめ,昭和11年広田内閣の逓信相として電力事業の国家管理を主張。14年東京市長。この間,東京毎日新聞社,報知新聞社の各社長を歴任。昭和15年2月19日死去。74歳。安芸(あき)(広島県)出身。第一高等中学校(のち第一高等学校)卒。旧姓は井上。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

頼母木桂吉の関連キーワード藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助箕浦元章流状組織明治天皇江戸時代キンバリー大政奉還

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone