コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼母木桂吉 たのもぎけいきち

2件 の用語解説(頼母木桂吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頼母木桂吉
たのもぎけいきち

[生]慶応3(1867).10.10. 広島
[没]1940.2.19. 東京
政治家。東京高等中学 (一高) 卒業後アメリカに学び報知新聞社に入社。記者,営業部長を経て社長となった。その後 1915年第 12回総選挙に出馬。以来衆議院議員に9回連続当選。憲政会幹事長,憲政会総務会長,立憲民政党総務などを歴任して党務に精励する一方,36年広田弘毅内閣の逓信相に就任した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼母木桂吉 たのもぎ-けいきち

1867-1940 大正-昭和時代前期の政治家。
慶応3年10月10日生まれ。大正4年衆議院議員(当選9回)。憲政会幹事長,民政党総務などをつとめ,昭和11年広田内閣の逓信相として電力事業の国家管理を主張。14年東京市長。この間,東京毎日新聞社,報知新聞社の各社長を歴任。昭和15年2月19日死去。74歳。安芸(あき)(広島県)出身。第一高等中学校(のち第一高等学校)卒。旧姓は井上。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

頼母木桂吉の関連キーワード熊沢一衛小森宮章正近藤淳吉杉山幹玉井是博富岡冬野原錦吾菱野貞次武藤虎太和田信夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone