コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家管理 コッカカンリ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国家管理
こっかかんり

統制経済を実施するため、私企業の所有形態には変化を加えず、その経営管理を国家が強制的に一元化して支配すること。日本では、第二次世界大戦中、軍需産業において軍管理工場のような形で広く行われた。また、戦後も、経済復興のため、電力と炭鉱について国家管理が行われた。戦時中の国家管理は、戦争目的遂行のための総動員的性格のものであったが、戦後のそれは、民主化の色彩を強く加えながら傾斜生産方式を実施するためのものであり、両者は性格をかなり異にしていた。しかし、いずれの場合も、国家管理の実態はかならずしも成功したとはいえず、官僚的統制の放漫さが強く現れた。なお社会主義国では国家管理が経済の中軸を構成したため、同様の欠陥が露呈され、体制の崩壊につながった。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国家管理の関連キーワード国家発注制[ソビエト連邦]民主党(1947年結成)ファン・スウィーテン民主自由党[日本]日本発送電[株]炭鉱国家管理問題アブダビ国営石油ソ連型社会主義軍需工業動員法奥村 喜和男松永安左エ門中島 知久平大和田 悌二電力国家管理西田 隆男奥村喜和男国策研究会ガスプロム頼母木桂吉田村 秀吉

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国家管理の関連情報