電力国家管理(読み)でんりょくこっかかんり

日本大百科全書(ニッポニカ)「電力国家管理」の解説

電力国家管理
でんりょくこっかかんり

1938年(昭和13)に成立した電力管理法等に基づいて、1939~1951年に日本の電気事業が国家の管理下に置かれていたこと。太平洋戦争に伴う戦時経済統制の一典型といえる。1939年に民間電力会社や公営電気事業から設備提供を受けて日本発送電会社が発足し、電力国家管理が正式にスタート。3年後の1942年には配電統合も行われて、発送電は日本発送電が、配電は全国9つの配電会社がそれぞれ担当する、電力国家管理のシステムが完成した。国家管理下の電気事業に対しては意図的な低料金政策が採用され、その結果生じる収入減を穴埋めするために政府補給金の支給等が実施されたが、このことは、日本発送電や九配電会社の合理化努力を鈍らせる弊害を生んだ。また、国家管理の目標として掲げられた周波数の統一や地域間連系送電の拡充は、戦時中および戦後の資材不足もあって、ほとんど実現しなかった。電力国家管理を終焉させたのは、民営九電力体制を生み出した1951年の電気事業再編成である。

[橘川武郎]

『電気庁編『電力国家管理の顛末』(1942・日本発送電株式会社)』『橘川武郎著『日本電力業発展のダイナミズム』(2004・名古屋大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android