コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼源(1) らいげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼源(1) らいげん

?-1183 平安時代後期の絵仏師。
久安5年父頼助のゆずりをうけて法橋(ほっきょう)となり,法眼にすすむ。「兵範記」「玉葉」などで作画活動が知られる。寿永2年2月24日死去。号は筑前(ちくぜん)法師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

頼源(1)の関連キーワード鎌倉幕府後鳥羽天皇上総広常斎藤実盛平知度藤原景高藤原光能俣野景久後鳥羽天皇斎藤実盛

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android