コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼誉(2) らいよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼誉(2) らいよ

1459-1532* 室町-戦国時代の僧。
長禄(ちょうろく)3年生まれ。真言宗。紀伊(きい)根来(ねごろ)寺(和歌山県)の道瑜(どうゆ)にまなぶ。根来寺学頭となり,妙音院をひらく。道瑜とともに両能化(のうけ)とよばれた。享禄(きょうろく)4年12月4日死去。73歳。字(あざな)は定厳。通称は小池法印。著作に「論議私記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

頼誉(2)の関連キーワード戦国時代長禄

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android