風流韻事(読み)ふうりゅういんじ

四字熟語を知る辞典「風流韻事」の解説

風流韻事

自然に親しみ、詩歌などを作ってた風流な遊び。風流な方面に関すること。自然を友として、詩歌をつくるなどして遊ぶこと。

[使用例] ぼんや一般の庶民は別として、公家堂上家の生活は風流韻事けるか、仏教信仰にうちこむか、いずれにしてもスタイルが万事を支配する形式主義の時代だったが[久生十蘭*無月物語|1950]

[解説] 「韻事」は詩文を作って楽しむなどの風雅の遊び。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「風流韻事」の解説

ふうりゅう‐いんじ フウリウヰンジ【風流韻事】

〘名〙
① 風流な遊び。風流な方面に関すること。自然を友として、詩歌をつくるなどして遊ぶこと。
※真理一斑(1884)〈植村正久〉三「真理は風流韻事をもって視るべきものに非ず」
② 色めいた遊び。好色の道。
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉七「一芸一能の士を推輓後援して措かざるは風流韻事(フウリウインジ)と共に伊藤侯の昔からの道楽であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「風流韻事」の解説

ふうりゅう‐いんじ〔フウリウヰンジ〕【風流韻事】

自然に親しみ、詩歌を作って楽しむこと。風流な遊び。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android