コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛出 トビデ

大辞林 第三版の解説

とびで【飛出】

能面の一。口を大きく開き、目玉の突き出している形相の面。 → 大飛出小飛出

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の飛出の言及

【能面】より

…(1)の尉面では小尉(小牛尉),阿古父(阿瘤)(あこぶ)尉,朝倉尉,笑(わらい)尉,皺(しわ)尉などが典型的な型で,石王兵衛の創作した石王(いしおう)尉,三光坊の三光尉などがこれに加わる。(2)は口を開いた阿(あ)形と,閉じた吽(うん)形に分けることができ,前者には飛出(とびで)の,後者には癋見(べしみ)の諸面があり,年たけて威力のある悪尉の諸種もここに入れてよいであろう。ほかに阿形では天神,黒髭(くろひげ),顰(しかみ),獅子口など,吽形では熊坂(くまさか)がある。…

※「飛出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

飛出の関連キーワードグスマン・デ・アルファラチェ銃砲刀剣類所持等取締法ユウギリソウ(夕霧草)ニンジンボク(人参木)カライトソウ(唐糸草)スパッタイオンポンプニュートリノ天文学表面ポテンシャル蜜蜂マーヤの冒険ダンギク(段菊)ヒルガオ(昼顔)イオンロケットアンドロクレスガードレールパキスタキスパスカレッラショット雑音ツムギアリ熱電子放出酸化物陰極

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android