コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食年 しょくねんeclipse year

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食年
しょくねん
eclipse year

太陽が白道黄道の交点の1つを通過してから次にそこを通過するまでの時間。月の交点の会合周期にあたる。その長さは約 346.62日で,食の周期の一つである。 19食年をサロスといい,他の条件と相まって,最も顕著な食の周期となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょく‐ねん【食年】

太陽が、天球上の黄道と白道との二交点のうちの片方を通過してから、再びそこを通過するまでの時間。約346.62日。日食・月食の周期を示す。起こる可能性の周期は0.5食年。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

食年【しょくねん】

太陽の黄道上の年周運動において,太陽が黄道と白道の交点を通過してから再び同じ交点にくるまでの平均時間。太陽による摂動のために交点は18.6年の周期で黄道上を逆行するため,1食年は1恒星年より短く,346.620日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくねん【食年 eclipse year】

太陽が黄道上を年周運動する際,黄道と白道との交点(白道の昇交点,または降交点)を通過して再び同じ交点に戻るまでの平均時間をいう。この交点は,太陽による摂動のため18.6年の周期で黄道上を逆行するため,1恒星年より短く346.620日である。太陽は半食年ごとに白道の交点を通過するが,日月食が起こるのはその前後に限られる。すなわち,その前後で朔になれば日食,望になれば月食が起こる。サロス周期【堀 源一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょくねん【食年】

太陽が、白道と黄道との交点を通ってから、黄道をほぼ一巡し、再び同じ交点に戻る期間。約346.62日。日食・月食が地球上のどこかで起こる周期。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食年の関連情報