コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食年 しょくねん eclipse year

5件 の用語解説(食年の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食年
しょくねん
eclipse year

太陽が白道黄道の交点の1つを通過してから次にそこを通過するまでの時間。月の交点の会合周期にあたる。その長さは約 346.62日で,食の周期の一つである。 19食年をサロスといい,他の条件と相まって,最も顕著な食の周期となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょく‐ねん【食年】

太陽が、天球上の黄道と白道との二交点のうちの片方を通過してから、再びそこを通過するまでの時間。約346.62日。日食・月食の周期を示す。起こる可能性の周期は0.5食年。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

食年【しょくねん】

太陽の黄道上の年周運動において,太陽が黄道と白道の交点を通過してから再び同じ交点にくるまでの平均時間。太陽による摂動のために交点は18.6年の周期で黄道上を逆行するため,1食年は1恒星年より短く,346.620日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょくねん【食年 eclipse year】

太陽が黄道上を年周運動する際,黄道と白道との交点(白道の昇交点,または降交点)を通過して再び同じ交点に戻るまでの平均時間をいう。この交点は,太陽による摂動のため18.6年の周期で黄道上を逆行するため,1恒星年より短く346.620日である。太陽は半食年ごとに白道の交点を通過するが,日月食が起こるのはその前後に限られる。すなわち,その前後で朔になれば日食,望になれば月食が起こる。サロス周期【堀 源一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょくねん【食年】

太陽が、白道と黄道との交点を通ってから、黄道をほぼ一巡し、再び同じ交点に戻る期間。約346.62日。日食・月食が地球上のどこかで起こる周期。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食年の関連キーワード交点至点秋分点春分点太陽年白道分点月黄道帯黄道十二宮と十二星座黄道十ニ宮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食年の関連情報