コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯塚啓 いいづか あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯塚啓 いいづか-あきら

1868-1938 明治-昭和時代前期の動物学者。
慶応4年6月16日生まれ。六高教授,母校東京帝大の助教授をへて,明治43年学習院教授となる。昭和7年東京科学博物館(現国立科学博物館)動物学部長。ゴカイなど環形動物の分類,分布などの研究で知られた。昭和13年12月10日死去。71歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。著作に「動物発生学」「海産動物学」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯塚啓
いいづかあきら
(1868―1938)

動物学者。群馬県生まれ。1897年(明治30)東京帝国大学理科大学動物学科卒業後、旧制第六高等学校教授、東京帝国大学助教授、学習院教授を経て、1932年(昭和7)より東京科学博物館(現、国立科学博物館)の動物学部長を務めた。1910年(明治43)「日本産遊在多毛類の分類学的研究」によって理学博士になった。1912年に出版された論文『The Errantiate Polychaeta of Japan』(「日本産遊在多毛類」)は今日も高く評価されている。また、『飯塚動物発生学』をはじめ、動物学に関する数多くの教科書を著している。息子の飯塚浩二は人文地理学者。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

飯塚啓の関連キーワードマキノ雅広久松静児戊辰戦争バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎日本の医学史(年表)世界のおもな博物館

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android