コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯塚啓 いいづか あきら

2件 の用語解説(飯塚啓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯塚啓 いいづか-あきら

1868-1938 明治-昭和時代前期の動物学者。
慶応4年6月16日生まれ。六高教授,母校東京帝大の助教授をへて,明治43年学習院教授となる。昭和7年東京科学博物館(現国立科学博物館)動物学部長。ゴカイなど環形動物の分類,分布などの研究で知られた。昭和13年12月10日死去。71歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。著作に「動物発生学」「海産動物学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯塚啓
いいづかあきら
(1868―1938)

動物学者。群馬県生まれ。1897年(明治30)東京帝国大学理科大学動物学科卒業後、旧制第六高等学校教授、東京帝国大学助教授、学習院教授を経て、1932年(昭和7)より東京科学博物館(現、国立科学博物館)の動物学部長を務めた。1910年(明治43)「日本産遊在多毛類の分類学的研究」によって理学博士になった。1912年に出版された論文『The Errantiate Polychaeta of Japan』(「日本産遊在多毛類」)は今日も高く評価されている。また、『飯塚動物発生学』をはじめ、動物学に関する数多くの教科書を著している。息子の飯塚浩二は人文地理学者。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯塚啓の関連キーワード桂湖村板倉源太郎河野秀男佐久間文吾四方竜文(7代)瀬川章友高橋真八滝信四郎並木文右衛門原煕

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飯塚啓の関連情報