飯塚敏子(読み)いいづか としこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯塚敏子 いいづか-としこ

1914-1991 昭和時代の映画女優。
大正3年6月8日生まれ。坂東好太郎の妻。松竹蒲田にはいり,昭和6年小津安二郎監督の「淑女と髯(ひげ)」に初出演。京都下加茂にうつり,長谷川一夫,高田浩吉(こうきち)らと共演し,松竹時代劇のスターとなった。平成3年12月14日死去。77歳。埼玉県出身。文化学院女学部中退。本名は本間敏(とし)。代表作に「鯉名(こいな)の銀平」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android