コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯島宗一 いいじま そういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯島宗一 いいじま-そういち

1922-2004 昭和後期-平成時代の病理学者。
大正11年11月28日生まれ。広島大教授をへて,昭和44年学長。53年名大教授となり,56年学長。悪性リンパ腫や原爆傷害などの病理学的研究で知られる。中央教育審議会,大学設置審議会などの委員をつとめた。平成3年愛知芸術文化センター総長。アララギ派歌人としても知られた。平成16年3月1日死去。81歳。長野県出身。名古屋帝大卒。著作に「広島・長崎でなにが起ったのか-原爆の人体への影響」,歌集に「水薦苅(みこもかる)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯島宗一の関連キーワード病理学者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android