コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飽く/厭く/倦く アク

デジタル大辞泉の解説

あ・く【飽く/×厭く/×倦く】

[動カ五(四)]
十分になってもうたくさんだと思う。いやになる。「―・くことを知らぬ金銭欲」
「菜の葉にとまれ。菜の葉に―・いたら桜にとまれ」〈野村秋足・蝶々〉
満たされた気持ちになる。満ち足りる。満足する。
「恥ぢらひ給ひける御さま、―・かぬ所なし」〈・葵〉
動詞の連用形に付いて、十分に…する、…することにあきあきする、の意を表す。
「繰り返して読んでも読んでも読み―・かなかった」〈二葉亭平凡
[補説]現代、共通語では一般に「あきる」(上一)を用い、「あく」は文章語的な表現。また、「飽くまで」のような形で用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

飽く/厭く/倦くの関連キーワード七賢人(ギリシア)アニー ビバンティシュトロハイムマスウーディーロックフェラーニンマーザットエンデュミオン小野喬木の娘ハイベルク漕ぎ徘徊るあらなくに谷間の百合ビバンティマーロー中野友礼中野好夫植村直己三木富雄飽く無き宗教文学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android