コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飽く/厭く/倦く アク

デジタル大辞泉の解説

あ・く【飽く/×厭く/×倦く】

[動カ五(四)]
十分になってもうたくさんだと思う。いやになる。「―・くことを知らぬ金銭欲」
「菜の葉にとまれ。菜の葉に―・いたら桜にとまれ」〈野村秋足・蝶々〉
満たされた気持ちになる。満ち足りる。満足する。
「恥ぢらひ給ひける御さま、―・かぬ所なし」〈・葵〉
動詞の連用形に付いて、十分に…する、…することにあきあきする、の意を表す。
「繰り返して読んでも読んでも読み―・かなかった」〈二葉亭平凡
[補説]現代、共通語では一般に「あきる」(上一)を用い、「あく」は文章語的な表現。また、「飽くまで」のような形で用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

飽く/厭く/倦くの関連キーワードアニー ビバンティ七賢人(ギリシア)シュトロハイムマスウーディーロックフェラーニンマーザットエンデュミオン小野喬木の娘漕ぎ徘徊るハイベルク谷間の百合あらなくにビバンティ呆気ない植村直己マーロー中野好夫まじかり飽く無き宗教文学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android