コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芋粥 イモガユ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いもがゆ【芋粥】

①さつまいもなどのいも類を入れて煮たかゆ。
やまのいも甘葛(あまずら)の汁を混ぜて煮たかゆ状の食べ物。平安時代、宮中の大饗などで用いられた。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

いもがゆ【芋粥】

サツマイモなどを加えてたいた粥。
ヤマノイモを薄切りにしてアマズラの汁などの甘味を加えて煮た粥状のもの。 「大夫殿、未だ-に飽せ給はぬか/今昔 26

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の芋粥の言及

【粥】より

…とくに近畿地方では朝食とするところが多く,茶粥は奈良地方で好まれ,〈奈良茶粥〉,略して〈奈良茶〉とも呼ばれた。芋粥は,現在ではふつうサツマイモを入れたものを指すが,芥川竜之介の《芋粥》に描かれた平安時代のそれは薯蕷(しよよ)粥ともいい,ヤマノイモを切って甘葛(あまずら)の汁で煮ただけの,汁粉のようなものであった。粥はハレの日の食物とされることが多く,正月の七草粥,小豆(あずき)粥のほか,8月1日には宮中などで尾花粥,12月8日には寺院などでは紅糟(うんぞう)粥を食べた。…

※「芋粥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

芋粥の関連キーワード芥川竜之介・芥川龍之介芥川 龍之介芥川竜之介芥川龍之介テーマ小説今昔物語集掻い繰る萎え萎え自然の数藤原利仁斎藤氏路次思量品騭夜前包容跼る佳味大儀

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android