コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春野 はるの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春野
はるの

静岡県西部,浜松市北東部の旧町域。赤石山脈の南部,天竜川の支流気田川中流域にある。 1956年犬居町と熊切村が合体して春野町が成立。 1957年気多村と合体。 2005年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い天竜区の一部となった。中心集落は南部の堀之内で,中世の地頭天野氏の拠点,犬居城 (乾城) があり,その西端に秋葉の火祭りで有名な秋葉神社がある。中部の気田は製材業が行なわれ,1880年代の終わりに,日本最初の木材パルプの生産を行なった王子製紙気田工場が建設された地として知られる。京丸のアカヤシオおよびシロヤシオ群生地は国指定天然記念物。一部は天竜奥三河国定公園奥大井県立自然公園に属する。

春野
はるの

高知県中部,高知市南西部の旧町域。高知平野の南部,仁淀川下流の左岸に位置し,土佐湾に面する。 1969年町制。 2008年高知市に編入。江戸時代野中兼山用水路を開いて以来の農耕地帯。米作,新高梨 (にいたかなし) をはじめとする施設園芸が行なわれる。近年は都市化が進んでいる。四国八十八ヵ所第 34番札所種間寺,観音正寺などが知られるほか,県立総合運動公園があり,プロ野球球団のキャンプ地となっている。北部は鷲尾山県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はる‐の【春野】

春の野原。春の野。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はるの【春野】

春の野原。

はるの【春野】

高知県中部、吾川あがわ郡の町。仁淀によど川河口東岸を占め、高知市と土佐市の間。
静岡県西部、浜松市の地名。南西部の秋葉山には、防火の神として信仰を集める秋葉神社がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春野の関連情報