コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家戦略室 コッカセンリャクシツ

2件 の用語解説(国家戦略室の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こっかせんりゃく‐しつ〔コクカセンリヤク‐〕【国家戦略室】

民主党政権が、官邸主導の政策決定を実現するために内閣官房に設置した組織。内閣総理大臣の直属の組織として、経済運営や税財政などの基本方針を策定した。→国家戦略会議
[補説]当初は内閣法を改正し、法的根拠を備えた国家戦略局として設置する予定だったが、法改正が行われず、平成21年(2009)に内閣総理大臣決定により国家戦略室として発足。平成24年(2012)12月、自民党公明党連立政権の発足に伴い廃止された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国家戦略室【こっかせんりゃくしつ】

2009年9月に発足した鳩山由紀夫内閣で,首相官邸の直属の組織として設置された,経済対策,財政運営および租税対策などの基本方針を立案,調整する組織。将来的には内閣官房国家戦略局として設置される予定で,その暫定先行組織であるが,国務大臣として国家戦略担当が置かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

国家戦略室の関連キーワード政策調査会骨太の方針ポリシーユニット民主主義の赤字タイ総選挙政策決定の一元化政策調査会(政調)緊急人材育成・就職支援基金事業政策決定過程対外政策決定過程論

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国家戦略室の関連情報