コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬援 ばえんMa Yuan; Ma Yüan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬援
ばえん
Ma Yuan; Ma Yüan

[生]永始3(前14)
[没]建武25(後49)
中国,後漢初期の将軍。扶風,茂陵 (陝西省興平県北東) の人。字は文淵。前漢以来の名門の出身で,王莽のとき新城大尹 (天水郡守) となったが,のち後漢光武帝に従った。隴西太守に任じられて先零羌 (きょう) を討伐し,また金城 (甘粛省蘭州) の維持経営をはかった。建武 17 (41) 年妖言をなす李広が乱を起すと,これを皖城 (安徽省懐寧県北西) に破り,さらに伏破将軍として交趾 (ベトナム) の徴側,徴弍姉妹の乱を平らげ,その功によって新息侯に封じられた。次いで匈奴,烏丸を討ち,同 24年には武陵 (湖南,貴州両省) 蛮討伐のために出陣したが,熱病者が続出し,彼も病没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばえん【馬援 Mǎ Yuán】

前14‐49
中国,後漢の政治家,武将。字は子淵,茂陵(陝西省興平県)の出身。若くして大志をいだき,王莽(おうもう)に仕えて新城大尹となったが,のち隗囂(かいごう)に身を寄せ,さらに光武帝に帰した。太中大夫に任ぜられて涼州を平定し,また隴西(ろうせい)太守となって先零の羌人(きようじん)を討ち,やがて中央に帰って虎賁(こふん)中郎将,ついで伏波将軍となり,交趾討伐に武功を立てて新息侯三千戸に封ぜられた。武陵蛮がそむくや,62歳の老齢で討伐におもむき,陣中で病没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬援
ばえん
(前14―後49)

中国、後漢(ごかん)の光武帝(こうぶてい)、明帝(めいてい)の2代に仕えた名将軍。字(あざな)は文淵(ぶんえん)。右扶風(ゆうふふう)(前漢の畿内(きない)三郡の一つ)茂陵(もりょう)県(陝西(せんせい)省)の人。初め王莽(おうもう)政権に反旗を翻した隗囂(かいごう)の綏遠(すいえん)将軍となったが、のちに劉秀(りゅうしゅう)(光武帝)の軍に従った。以後、後漢政権の下で隴西(ろうせい)太守として西羌(せいきょう)を破り(35)、伏波(ふくは)将軍として交阯(こうし)(いまのベトナム)の徴側(ちょうそく)・徴貳(ちょうに)(チュン・チャク‐チュン・ニー)姉妹の反乱を抑え(41)、続いて武陵郡の五渓(ごけい)の蛮夷(ばんい)を討った(48)。彼は武力によって辺境少数民族の地域を侵略したが、一方で城郭の造営や灌漑(かんがい)事業にも努め、後漢帝国創始期の少数民族経営に大きな役割を果たした。また近世になると、道教とかかわって伏波将軍馬援が英雄的人物として民間に祀(まつ)られるようになった。[鶴間和幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の馬援の言及

【チュン姉妹】より

…チュン姉妹はただちに反乱に立ち上がり,たちまちのうちに広東省から北部ベトナムにかけての65城を落とし,自ら王位についた。しかし,翌41年漢は伏波将軍馬援に討伐を命じ,馬援は嶺南山脈を越えてランバク(浪泊。バクニン近辺)でチュン姉妹の軍を破り,次いでカムケー(禁渓)に退いた姉妹を攻撃,43年に捕らえて処刑した。…

【徴側】より

…朱鳶(しゆえん)(ハノイ南方)に嫁いだが,交趾郡太守の蘇定の圧政に憤り,40年(建武16)妹の徴弐(ちようじ)とともに反乱に立ち上がった。初め九真,日南,合浦の諸郡も呼応し,彼女は65城を占領して徴王と称したが,光武帝の派遣した伏波将軍馬援のひきいる1万余の兵に破られ,徴姉妹は捕らえられて斬首に処せられた。ベトナム人の中国支配に対する最大級の反乱であった。…

※「馬援」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

馬援の関連キーワードチュン・チャク‐チュン・ニー姉妹老いてはますます壮なるべし老いては益々壮んなるべし虎を画きて狗に類す鵠を刻して鶩に類す漢の時代(年表)馬革に屍を裹む馬革に尸を裹む馬融

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬援の関連情報