コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

騎士党 きしとうCavaliers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

騎士党
きしとう
Cavaliers

イギリスの清教徒革命において,貴族騎士の多かった国王派につけられた呼称議会派円頂党に対する名称

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

騎士党【きしとう】

英国,ピューリタン革命における国王支持者の別称。騎士以上の貴族が多かったことからの命名。国教徒のほかカトリック教徒も加わり,北部と西部が支持基盤であったが,内乱には敗北。
→関連項目円頂党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きしとう【騎士党 Cavaliers】

イギリス,ピューリタン革命期の国王派に対する別称。騎士が主力であったところからこう呼ばれた。元来の国王支持者のほかに,1641年の〈大抗議文〉の提出を契機に,これまで国王の専制を批判していた穏健分子が加わって形成され,翌年からの内乱を戦った。貴族,ジェントリーなどの土地所有者を主体に,国教会信徒のほかにカトリック教徒も加わり,イングランドの北部・西部を主たる地盤にした。内乱には敗れたが,1660年の王政復古によって権力の座に復帰し,翌年の議会は彼らが多数を占めたため〈騎士議会〉と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

騎士党
きしとう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の騎士党の言及

【ピューリタン革命】より

…和平交渉は決裂して,8月第1次内乱が始まる。ここに相戦うことになった議会派(円頂党)と国王派(騎士党)の両派は,地域的にみて前者がロンドンを中心とする先進的な東部・南部,後者が遅れた西部・北部を勢力基盤にし,宗教的には前者ではピューリタンが主体となり,後者では国教徒が大半を占め一部にカトリック教徒も加わっていた。また社会層の点では,国王派についたのは貴族およびジェントリーの大部分とそれに従った農民であり,議会派を構成したのは,貴族およびジェントリーの一部,ヨーマン,さらには商工業者であった,とする同時代人の証言もある。…

※「騎士党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

騎士党の関連キーワードニューカッスル(公)王政復古(世界)イギリス政党