騙・衒(読み)かたり

精選版 日本国語大辞典「騙・衒」の解説

かたり【騙・衒】

〘名〙 (動詞「かたる(騙)」の連用形の名詞化) うまい事を言って人をだますこと。または、だまして金品などをとること。また、その人。
浮世草子日本永代蔵(1688)四「工(たくみ)置捨の質物万の偽物、語(カタ)りに合(あわせ)敷金の付女房をよび、寺々の祠堂銀をかり集め分散にて済(すま)し」
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「法律のよく行はるる政府に於ては国に罪人あれば之をへ夜盗、拐児(カタリ)強盗の如きも」

かた・る【騙・衒】

〘他ラ五(四)〙
うそをまことらしく言って、人をあざむく。いつわる。
※和英語林集成(初版)(1867)「ヒトノ ナマエヲ kataru(カタル)
② 人をだまして、金品などをとる。詐欺にかける。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)二「随分道中の人になれたる心の、針屋筆やかたられて追分より八丁までに五百八十が物代なして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android