コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨仏 コツブツ

4件 の用語解説(骨仏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こつ‐ぶつ【骨仏】

寺に納められた遺骨を集めて粉にし、セメントで固めて作った仏像。
[補説]各地にあるが、大阪市天王寺区にある一心寺阿弥陀像が有名。ほぼ10年ごとに造られる。最初の一体は明治20年(1887)に造立。

こつ‐ぼとけ【骨仏】

遺骨。また、死人。
「正月二日の―とはなりぬ」〈浮・男色大鑑・七〉
人をののしっていう語。
「やあ、広言なる―」〈浄・妹背山

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こつぼとけ【骨仏】

白骨からなる仏像。《看聞日記》によると室町初期の応永の飢饉による死骸の骨で六体の地蔵尊が造立されている。〈お骨仏の寺〉として知られる一心寺(大阪市天王寺区)では1887年に,1851年(嘉永4)以来同寺に納骨されたおよそ5万体の白骨を粉状に砕き布海苔(ふのり)を加えて阿弥陀尊像を練造したのが最初で,以後10年ごとの練造が内規として定められた。戦災で焼失,現在5体がまつられている。このほか高松市法然寺,金沢市孝真寺などにもみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こつぼとけ【骨仏】

遺骨。火葬した骨。 「陰坊おんぼうは-五六十ばかり㮜へぎに載せて持参し/浮世草子・好色万金丹」
人をののしっていう語。 「やあ、広言なる-と/浄瑠璃・妹背山」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

骨仏の関連キーワード看聞御記白骨温泉白骨朝には紅顔ありて夕べには白骨となる足骨野仏白骨の御文妙工露仏看聞日記

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

骨仏の関連情報