コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布海苔/海蘿 フノリ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐のり【布海苔/海蘿】

フノリ科の紅藻の総称。フクロフノリ・マフノリ・ハナフノリなどがある。主に波の荒い外海の岩などに、冬から春にかけて繁茂。体は暗紅色か黄紅色の円柱状などで、枝分かれする。板状に加工され、煮溶かして主に絹物の仕上げ糊(のり)として用いる。また食用にし、味噌汁などに入れる。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

布海苔 (フノリ)

植物。フノリ科フノリ属の海藻の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

布海苔/海蘿の関連キーワード尼崎屋又右衛門(初代)泥大津植物炭団骨仏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android