コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨品制 コッピンセイ

デジタル大辞泉の解説

こっぴん‐せい【骨品制】

古代朝鮮、新羅(しらぎ)身分制度。出身氏族によって身分を五段階に分け、位階・官職・婚姻・衣服・住居に至るまでを規制した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

骨品制
こっぴんせい

朝鮮、新羅(しらぎ)の社会制度。血縁、地縁による5段階の身分制度で、王族を聖骨、真骨に、貴族を六頭品、五頭品、四頭品に分けた。王族の骨制は7世紀中葉に成立し、9世紀中葉に新羅六部に関連した地縁的な頭品制が成立した。834年、骨品により、家屋、衣服、生活用具などの使用範囲を規定し、王畿(おうき)住民の身分序列を定めた。この制度は、王畿の住民を地方住民より優遇するためのもので、地縁的身分序列ともいえる。[井上秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone