コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身分制度 みぶんせいど

1件 の用語解説(身分制度の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

身分制度【みぶんせいど】

前近代社会を特色づける人間の社会的関係。日本の古代律令制では中国にならって身分を良民と賤民に分け,さらに賤民を区分して五賤とした。律令国家の崩壊でこの制度は解体され,中世には制度化されることはなかったが,兵農分離・刀狩を経た近世幕藩体制で再編成された。
→関連項目渋染一揆賤民被差別部落兵農分離道々の者身分

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

身分制度の関連情報