コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身分制度 みぶんせいど

百科事典マイペディアの解説

身分制度【みぶんせいど】

前近代社会を特色づける人間の社会的関係。日本の古代律令制では中国にならって身分を良民と賤民に分け,さらに賤民を区分して五賤とした。律令国家の崩壊でこの制度は解体され,中世には制度化されることはなかったが,兵農分離・刀狩を経た近世幕藩体制で再編成された。
→関連項目渋染一揆賤民被差別部落兵農分離道々の者身分

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

身分制度の関連キーワードアンシャンレジーム(旧制度)宮廷女官チャングムの誓いクルーセンシェルナアンシャンレジーム飯田新七(2代)工場身分制度法の下の平等卿・大夫・士作業療法士身分統制令浜口 重国小笠原忠総カースト李朝美術武家屋敷浜口重国骨品制度士農工商市民社会市民革命

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

身分制度の関連情報