コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高平小五郎 タカヒラコゴロウ

4件 の用語解説(高平小五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たかひら‐こごろう〔‐こゴラウ〕【高平小五郎】

[1854~1926]外交官。陸奥(むつ)の生まれ。欧米各国の公使を歴任。ポーツマス講和会議で小村寿太郎とともに全権委員

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高平小五郎 たかひら-こごろう

1854-1926 明治-大正時代の外交官。
嘉永(かえい)7年1月14日生まれ。高平真藤の養子。大学南校にまなぶ。外務省にはいり,イタリア,オーストリア,アメリカの公使を歴任。明治38年日露講和会議全権委員。41年アメリカ大使となり,ルート国務長官と「高平-ルート協定」をむすんだ。貴族院議員。大正15年11月28日死去。73歳。陸奥(むつ)一関(岩手県)出身。本姓は田崎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高平小五郎

没年:大正15.11.28(1926)
生年:安政1.1.1(1854.1.29)
明治大正期の外交官。一ノ関藩(岩手県)藩士田崎三徹の3男。同藩士高平真藤の養子となる。戊辰奥羽戦争に従軍。明治3(1870)年貢進生として大学南校(東京大学)に入学。6年卒業,工部省出仕。9年外務省出仕となり12年より米国公使館勤務。日米約定交渉の事後処理などにかかわったのち,18年ソウル公使館勤務。20年上海領事を経て,24年総領事としてニューヨーク勤務。25年駐オランダデンマーク弁理公使,27年駐イタリア特命全権公使,28年オーストリア兼スイス公使と転々としたのち,32年外務次官,33年より駐米公使。日露戦後のポーツマス会議(1905)では小村外相と共に全権として働く。39年貴族院勅選議員となるが40年再びイタリア公使,男爵。41年米国公使となり,太平洋現状維持,中国での機会均等を決めた高平・ルート協定を結ぶ。43年貞愛親王に随行し渡英,大正6(1917)年再び貴族院勅選議員。無所属派,のち同成会に属す。

(酒田正敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たかひらこごろう【高平小五郎】

1854~1926) 外務官僚。岩手県出身。各国公使・次官を歴任。ポーツマス講和会議で小村寿太郎とともに全権委員として活躍。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高平小五郎の関連キーワード外交官岩手県一関市台町伊集院彦吉落合謙太郎倉知鉄吉出淵勝次林毅陸日置益松村貞雄陸奥広吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高平小五郎の関連情報