コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高掛三役 たかがかりさんやく

世界大百科事典 第2版の解説

たかがかりさんやく【高掛三役】

江戸時代において,農村村高に応じて賦課される付加税高掛物といい,とくに幕府直轄地(天領)農村に課せられた,五街道宿場費用に充てる伝馬宿入用,江戸浅草御米蔵維持費に充てる蔵前入用,幕府台所人夫の給米に充てる六尺給米,の3種を高掛三役と称した。単に三役ともいう。幕領では17世紀末より全国的に同じ割合で課し,年貢米金といっしょに上納させた。大名・旗本領では三役の代りに,かつて城中陣屋労役に徴発した人夫役の代替としての夫米・夫金,馬飼料としての糠藁代を高掛物としたが,その種類や数量は支配領主によって異なる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の高掛三役の言及

【蔵前入用】より

…蔵前入用を賦課する根拠については,かつて米納のさい俵を積む台木などの資材を村方から持参していたのに,その後これを御蔵側で準備するようになったので,その分を村方の負担として課したといわれている。同じく幕府直轄農村に課せられた伝馬宿入用六尺給米とともに,高掛三役の一つである。【大口 勇次郎】。…

【伝馬宿入用】より

…宿場町や街道沿いの助郷村も同等に負担したが,56年(宝暦6)以後は,凶作で田畑収穫米の損害が50%を超える村は免除されることになった。同じく幕領農村に課せられた蔵前入用六尺給米とともに高掛三役と称する。【大口 勇次郎】。…

【六尺給米】より

…なお助郷村や,以前から夫米を納入してきた村々は負担が過重となるところから免除し,また1756年(宝暦6)からは,凶作で田畑収穫の被害が5割を超した村々も免除とした。同じく幕領農村に課されている蔵前入用伝馬宿入用とともに,高掛三役と呼ぶ。【大口 勇次郎】。…

※「高掛三役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高掛三役の関連キーワード江戸時代蔵前

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android