伝馬宿入用(読み)てんましゅくにゅうよう

世界大百科事典 第2版の解説

てんましゅくにゅうよう【伝馬宿入用】

江戸時代,幕府直轄領(天領)の農村に課せられた付加税の一種。五街道の問屋,本陣の給米や宿場入用に充てる目的で,村高100石につき米6升の割合で徴収した。毎年,年貢割付状によって村ごとに賦課し,本年貢といっしょに納入させ,これを幕府蔵から道中方除金へ納めた。江戸後期には,直接宿の問屋へ納入させる場合もあった。1694年(元禄7)幕府勘定方が定めたともいうが,1707年(宝永4)街道筋宿場に宿役人下役とも2人ずつを配置した際に,彼らの給米を確保するために設定したといわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伝馬宿入用
てんましゅくにゅうよう

江戸時代、五街道の問屋・本陣の給米、宿場入用にあてるため、天領に賦課された税。六尺給米、御蔵前(おくらまえ)入用とともに高掛物(たかがかりもの)三役という。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android