コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六尺給米 ろくしゃくきゅうまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六尺給米
ろくしゃくきゅうまい

江戸幕府が駕籠かき,掃除夫,賄方,風呂焚きなど諸種人夫 (六尺陸尺) の給米にあてるため,各村の村高を基準として賦課した租税伝馬宿入用蔵前入用金とともに天領に課された高掛物三役の一つ。幕府直轄領のみに限られ,享保6 (1721) 年以降,高 100石につき2斗とした。宝暦8 (58) 年には金納になったが,のち米納に復した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろくしゃくきゅうまい【六尺給米】

江戸時代,幕府直轄領(天領)農村に課せられた高掛物と呼ばれる付加税の一種。江戸城台所の六尺と呼ばれる人夫の給米として,村高100石につき米2斗の割合で徴収した。毎年,年貢割付状によって賦課し,本年貢といっしょに米または代金で納めさせた。もとは台所で使役する六尺は百姓役として農村から徴発していたが,交替制では不慣れで役にたたず,農民も迷惑したので,やがて専業の日雇を雇うようになった。はじめは費用の負担も区々であったが,享保年間(1716‐36)に経費総額を計算し,全国の幕領農村の間で一律の高掛高を定めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六尺給米
ろくしゃくきゅうまい

江戸時代の高掛物(たかがかりもの)(付加税)の一つ。天領では伝馬宿入用(てんましゅくにゅうよう)、蔵前(くらまえ)入用とともに高掛三役といわれた。幕府台所人夫への給米として、高100石につき米2斗の割合で各村に賦課された。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

六尺給米の関連キーワード江戸時代蔵前入用高掛三役江戸幕府三役

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android