コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵前入用 くらまえにゅうよう

大辞林 第三版の解説

くらまえにゅうよう【蔵前入用】

江戸時代、高掛物たかがかりものとよばれた付加税の一。天領の農民に課せられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くらまえにゅうよう【蔵前入用】

江戸時代において高掛物(たかがかりもの)と呼ばれる付加税の一つ。江戸浅草蔵前にある幕府米蔵(浅草御蔵)の経費に充てるという名目で課せられたので,こう呼ばれた。1694年(元禄7)幕府は直轄領の農村に対し,村高100石につき関東では金1分(永250文),上方では銀15匁の割合で賦課するよう定めた。ただし幕領のうちでも,五街道および脇往還宿駅定助郷(じようすけごう)の村々は免除されており,さらに1756年(宝暦6)からは凶作のため50%以上の作柄不良となった村々にも免除された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔵前入用
くらまえにゅうよう

江戸幕府の付加税。浅草御米蔵(おこめぐら)の維持費。伝馬宿入用、六尺給米とともに高掛(たかがかり)三役という。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蔵前入用の関連キーワード御蔵前入用蔵前入用金高掛三役江戸時代六尺給米三役天領農民

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android