高曇(読み)たかぐもり

百科事典マイペディアの解説

高曇【たかぐもり】

雲量と雲形によって天気を判定した場合の一つ。観測時の全雲量が9以上でとなっており,かつ高積雲,高層雲,あるいはこれらの組合せのどれかが最多雲形となっているときを高曇とする。現在あまり用いられない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たか‐ぐもり【高曇】

〘名〙 空の高い所に雲がかかっていて全体に曇っている状態。雲量が九以上で、高層雲・高積雲が多い場合をいったが、現在の気象観測では用いられない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報