コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曇(り) クモリ

デジタル大辞泉の解説

くもり【曇(り)】

雲で空が覆われている状態。気象用語としては雲量が9以上、視程1キロ以上で、降水や雷のない状態の天気をいう。
透明なものや光をよく反射するものなどが、曇ってぼんやりすること。また、その状態。「眼鏡の曇り
気持ち、また表情などが、明るさを失って沈むこと。わだかまりがあること。
「満面の―は拭(ぬぐ)い消されなかった」〈魯庵社会百面相
公明でないこと。うしろぐらいこと。「雲りなき身」
[下接語](ぐもり)朝曇り雨(あま)曇り薄曇り内曇り卯(う)の花曇り潮曇り霜曇り高曇り・棚曇り・花曇り春曇り本曇り夕曇り雪曇り

どん【曇】[漢字項目]

常用漢字] [音]ドン(呉) タン(漢) [訓]くもる
空がくもる。「曇天晴曇
[難読]悉曇(しったん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

曇【くもり】

雲量雲形によって天気を判定した場合の一つ。観測時の全雲量が9以上のときを曇とする。
→関連項目薄曇高曇

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

曇(り)の関連キーワードウワツワタツミノカミ(上津綿津見神)妙法蓮華経憂波提舎宇都志日金析命法(仏教)太室宗宸瞿曇悉達阿曇大浜浄土五祖刃を拾う雲谿等室一元啓諸阿毘達磨気圧の谷大浜宿禰大石秀典風呂吹き観普賢経ゴータマ海人部低圧帯

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android