薄曇(読み)うすぐもり(英語表記)high cloud overcast

デジタル大辞泉の解説

うす‐ぐもり【薄曇(り)】

空がほぼ全体的に薄く雲に覆われていること。また、そのような天気。気象用語としては、雲量が9以上で、巻雲巻層雲巻積雲の雲量が、他の雲より多い場合をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

薄曇【うすぐもり】

雲量雲形によって天気を判定した場合の一つ。観測時の全雲量が9以上でとなっており,かつ巻雲,巻層雲,巻積雲,あるいはこれらの組合せのどれかが最多雲形となっているときを薄曇とする。→

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うす‐ぐもり【薄曇】

〘名〙
① 空一面に、薄い雲がかかって曇ること。また、その天候。気象用語としては、雲量が八以上の天気の状態で、最多雲量が上層雲である場合をいう。
※隣女集(1295)二「花にほふ彌生の空のうす曇かすめる月にあくがれぞゆく」
② ①のように、ものの表面がうすく曇ったように見えること。
※唐人お吉(1928)〈十一谷義三郎〉六「薄曇りのした茶色の眼」

うす‐ぐも・る【薄曇】

〘自ラ五(四)〙
① 薄い雲がかかって少し曇る。
※風雅(1346‐49頃)夏・三一一「うすくもる青葉の山の朝明けに降るとしもなき雨そそぐなり〈藤原公宗〉」
※俳諧・ひさご(1690)「雀を荷ふ籠のぢぢめき〈二嘯〉 うす曇る日はどんみりと霜おれて〈乙州〉」
② 少しよごれて透明でなくなる。
御伽草子・清水冠者物語(室町時代物語大成所収)(室町末)「もしまたおもてのうすくもり、そのさまかわりてほのかすみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android