コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋健二 たかはし けんじ

2件 の用語解説(高橋健二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋健二 たかはし-けんじ

1902-1998 昭和-平成時代のドイツ文学者。
明治35年9月18日生まれ。昭和27年から48年まで中央大教授。ヘッセ,ケストナーらと交遊し,翻訳,紹介につとめる。33年ヘッセ研究と訳業で読売文学賞,44年「グリム兄弟」で芸術選奨,ドイツ文学の翻訳と研究で芸術院賞。60年文化功労者芸術院会員。平成10年3月2日死去。95歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高橋健二
たかはしけんじ
(1902―1998)

独文学者。東京生まれ。東京帝国大学独文科卒業。旧制成蹊(せいけい)高等学校・中央大学教授を経て同大名誉教授。芸術院会員。1977年(昭和52)から81年まで日本ペンクラブ会長。ヘッセ、ケストナーらと幅広く交遊、精力的に翻訳紹介を行う。ゲーテ、グリム研究でも著名である。『ヘッセ研究』『作家の生き方』『若いゲーテ』『ワイマルのゲーテ』『さまざまの出会い』『ケストナーの生涯』『グリム兄弟』など著書多数。翻訳も『ヘッセ全集』『ケストナー少年文学全集』『グリム童話全集』、ゲーテ『ファウスト』など多数ある。85年文化功労者。[高橋英夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高橋健二の関連キーワード高橋正功高橋高橋克巳高橋名人の冒険島III高橋名人の冒険島II高橋名人の冒険島IV高橋町高橋広備高橋作左衛門高橋図南

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高橋健二の関連情報