コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋健二 たかはし けんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋健二 たかはし-けんじ

1902-1998 昭和-平成時代のドイツ文学者。
明治35年9月18日生まれ。昭和27年から48年まで中央大教授。ヘッセ,ケストナーらと交遊し,翻訳,紹介につとめる。33年ヘッセ研究と訳業で読売文学賞,44年「グリム兄弟」で芸術選奨,ドイツ文学の翻訳と研究で芸術院賞。60年文化功労者。芸術院会員。平成10年3月2日死去。95歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高橋健二
たかはしけんじ
(1902―1998)

独文学者。東京生まれ。東京帝国大学独文科卒業。旧制成蹊(せいけい)高等学校・中央大学教授を経て同大名誉教授。芸術院会員。1977年(昭和52)から81年まで日本ペンクラブ会長。ヘッセ、ケストナーらと幅広く交遊、精力的に翻訳紹介を行う。ゲーテ、グリム研究でも著名である。『ヘッセ研究』『作家の生き方』『若いゲーテ』『ワイマルのゲーテ』『さまざまの出会い』『ケストナーの生涯』『グリム兄弟』など著書多数。翻訳も『ヘッセ全集』『ケストナー少年文学全集』『グリム童話全集』、ゲーテ『ファウスト』など多数ある。85年文化功労者。[高橋英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高橋健二の関連キーワードヘッセ(Hermann Hesse)ペーター・カーメンチント隊商(ハウフの童話)銀河(少年少女雑誌)ヘンゼルとグレーテルエミールと探偵たちブレーメンの音楽隊マッチ売りの少女グリム(兄弟)こびとの贈り物ルーマニア日記シュピッテラーふたりのロッテマリアの子供ガラス玉演戯アンデルセンボンゼルスペンクラブ井上 大輔高橋英夫

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高橋健二の関連情報