コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋新五郎(2代) たかはし しんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋新五郎(2代) たかはし-しんごろう

1791-1857 江戸時代後期の機業家。
寛政3年1月5日生まれ。初代高橋新五郎の長男。従来の機台を改良し新高機(たかばた)を発明,精巧な青縞(あおじま)の織物の生産をはじめ,商号東屋(あずまや)と称した。没後塚越結城(ゆうき)織の祖として機祖神社にまつられた。安政4年6月25日死去。67歳。武蔵(むさし)足立郡塚越(埼玉県)出身。幼名は国太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高橋新五郎(2代)

没年:安政4.6.25(1857.8.14)
生年:寛政3.1.5(1791.2.7)
江戸後期の機業家。武蔵国足立郡塚越村(埼玉県蕨市)生まれ。商号は東屋。初代新五郎が木綿糸綿商売を始め,文政7,8(1824,25)年ごろ,機台の改良に成功した2代新五郎が青縞生産に着手。生産規模を拡大し,天保8(1837)年には機台数102台(一説には120台),藍甕数130本(同300本余)の規模に至っていたという。弟子機屋,孫機屋の数も同11年には125人から数百人,数百カ村におよぶとされる。同11年に隠居,数馬を名乗った。 3代新五郎は,一種の縞機の改良をもとに,「塚越結城」や絹糸を交織した「東屋唐桟」を開発し,販路をさらに拡大した。幕末開港まもない文久1(1861)年,いち早く洋糸(輸入綿糸)を導入して双子縞(塚越双子)を考案したのも3代新五郎の功績とされている。このような高橋家の織物経営のあり方は,マニュファクチュア論争とも関係して,経済史研究の分野で論議の対象となった。<参考文献>『蕨市の歴史』2巻

(谷本雅之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

高橋新五郎(2代)の関連キーワード高橋新五郎(3代)蕨[市]蕨(市)6月6日

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android