コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋新五郎(2代) たかはし しんごろう

2件 の用語解説(高橋新五郎(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋新五郎(2代) たかはし-しんごろう

1791-1857 江戸時代後期の機業家。
寛政3年1月5日生まれ。初代高橋新五郎の長男。従来の機台を改良し新高機(たかばた)を発明,精巧な青縞(あおじま)の織物の生産をはじめ,商号を東屋(あずまや)と称した。没後塚越結城(ゆうき)織の祖として機祖神社にまつられた。安政4年6月25日死去。67歳。武蔵(むさし)足立郡塚越(埼玉県)出身。幼名は国太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高橋新五郎(2代)

没年:安政4.6.25(1857.8.14)
生年:寛政3.1.5(1791.2.7)
江戸後期の機業家。武蔵国足立郡塚越村(埼玉県蕨市)生まれ。商号は東屋。初代新五郎が木綿糸綿商売を始め,文政7,8(1824,25)年ごろ,機台の改良に成功した2代新五郎が青縞生産に着手。生産規模を拡大し,天保8(1837)年には機台数102台(一説には120台),藍甕数130本(同300本余)の規模に至っていたという。弟子機屋,孫機屋の数も同11年には125人から数百人,数百カ村におよぶとされる。同11年に隠居,数馬を名乗った。 3代新五郎は,一種の縞機の改良をもとに,「塚越結城」や絹糸を交織した「東屋唐桟」を開発し,販路をさらに拡大した。幕末開港まもない文久1(1861)年,いち早く洋糸(輸入綿糸)を導入して双子縞(塚越双子)を考案したのも3代新五郎の功績とされている。このような高橋家の織物経営のあり方は,マニュファクチュア論争とも関係して,経済史研究の分野で論議の対象となった。<参考文献>『蕨市の歴史』2巻

(谷本雅之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高橋新五郎(2代)の関連キーワード橘三喜鍬下年季石出吉胤稲葉小僧宇田川玄中金杉清常小泉理永大雲文竜高橋新五郎(初代)高橋新五郎(3代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone