コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高頭仁兵衛 たかとう じんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高頭仁兵衛 たかとう-じんべえ

1877-1958 明治-昭和時代の登山家。
明治10年5月20日生まれ。志賀重昂(しげたか)の「日本風景論」に触発されて乗鞍(のりくら)岳,槍(やり)ケ岳などにのぼる。明治38年小島烏水(うすい),高野鷹蔵らと日本山岳会を結成,2代会長をつとめた。昭和33年4月6日死去。80歳。新潟県出身。名は式(しょく)。字(あざな)は義明。著作に「日本山岳志」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たかとうにへえ【高頭仁兵衛】

1877‐1958(明治10‐昭和33)
登山家。本名式(しよく),字は義明。新潟県三島郡深沢村に生まれ,東京で漢文を学ぶ。1898年富士山に登った後,志賀重昂の《日本風景論》を読んでさらに登山に意欲を燃やし,乗鞍岳,槍ヶ岳,木曾御嶽など明治の登山の黎明期に多くの登山をおこなった。1905年日本山岳会発足のときには,財政面から強力な支持者となった。第2代日本山岳会会長,名誉会員。著書に日本最初の山岳百科事典として知られる《日本山岳志》(1906)などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高頭仁兵衛
たかとうにへえ
(1877―1958)

登山家。新潟県深沢村生まれ。本名式(しょく)。東京で漢文を学び、1898年(明治31)富士山に登り、志賀重昂(しげたか)の『日本風景論』を読み、登山に意欲を燃やし、富士山、槍(やり)ヶ岳、木曽御嶽(きそおんたけ)など明治の登山の黎明(れいめい)期に多くの登山を行った。日本山岳会発足のときには財政面から強力な支持者となった。第2代日本山岳会会長、名誉会員。新潟県弥彦(やひこ)山頂には銅像がある。日本最初の山岳百科事典として知られる『日本山嶽志(さんがくし)』を著した。[徳久球雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高頭仁兵衛の関連キーワード新藤兼人今村昌平岸信介内閣マキノ雅広世界のおもな博物館加藤泰コーマン斎藤寅次郎鈴木清順野村芳太郎

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android