コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼次拍子舞 おにじひょうしまい

世界大百科事典 第2版の解説

おにじひょうしまい【鬼次拍子舞】

歌舞伎舞踊。長唄。本名題《月顔最中名取種(つきのかおもなかのなとりぐさ)》。1793年(寛政5)江戸河原崎座初演。作詞・作曲初世杵屋(きねや)正次郎。長田太郎を大谷鬼次,松の前を岩井喜代太郎。主演者の名をとって通称としている。7世坂東三津五郎が1922年に復活して以来,坂東流の曲のようになっている。古風で武骨な長田と烏帽子水干姿の松の前との拍子舞,虫づくしのクドキチョボクレ,手踊,見顕しとなる大時代な踊り。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鬼次拍子舞
おにじひょうしまい

歌舞伎(かぶき)舞踊劇。長唄(ながうた)。本名題(ほんなだい)『月顔最中名取種(つきのかおもなかのなとりぐさ)』。作詞・作曲不詳。2世西川扇蔵振付け。1793年(寛政5)9月江戸・河原崎座(かわらさきざ)で大谷鬼次(後の2世中村仲蔵)の長田太郎、岩井喜代太郎の白拍子松の前により初演。山樵(やまがつ)姿の長田太郎と松の前実は岡部六弥太(おかべろくやた)妹呉竹(くれたけ)が山中で名笛を奪い合うというだけの筋だが、松の前の男舞に長田が絡み、拍子舞(踊り手が三味線にのって歌いながら踊る)になるくだりがよくできているので、表記の通称で知られる。大正後期に7世坂東(ばんどう)三津五郎と5世中村福助が復活。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鬼次拍子舞の関連キーワード杵屋正次郎(杵屋正治郎)中村仲蔵(2代)歌舞伎舞踊拍子舞物西川扇蔵

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android