コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼次拍子舞 おにじひょうしまい

2件 の用語解説(鬼次拍子舞の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おにじひょうしまい【鬼次拍子舞】

歌舞伎舞踊。長唄。本名題《月顔最中名取種(つきのかおもなかのなとりぐさ)》。1793年(寛政5)江戸河原崎座初演。作詞・作曲初世杵屋(きねや)正次郎。長田太郎を大谷鬼次,松の前を岩井喜代太郎。主演者の名をとって通称としている。7世坂東三津五郎が1922年に復活して以来,坂東流の曲のようになっている。古風で武骨な長田と烏帽子水干姿の松の前との拍子舞,虫づくしクドキ,チョボクレ,手踊,見顕しとなる大時代な踊り。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鬼次拍子舞
おにじひょうしまい

歌舞伎(かぶき)舞踊劇。長唄(ながうた)。本名題(ほんなだい)『月顔最中名取種(つきのかおもなかのなとりぐさ)』。作詞・作曲不詳。2世西川扇蔵振付け。1793年(寛政5)9月江戸・河原崎座(かわらさきざ)で大谷鬼次(後の2世中村仲蔵)の長田太郎、岩井喜代太郎の白拍子松の前により初演。山樵(やまがつ)姿の長田太郎と松の前実は岡部六弥太(おかべろくやた)妹呉竹(くれたけ)が山中で名笛を奪い合うというだけの筋だが、松の前の男舞に長田が絡み、拍子舞(踊り手が三味線にのって歌いながら踊る)になるくだりがよくできているので、表記の通称で知られる。大正後期に7世坂東(ばんどう)三津五郎と5世中村福助が復活。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鬼次拍子舞の関連キーワード歌舞伎舞踊賤機帯双面二人椀久外記猿安宅松歌舞伎狂言素襖落本名題高尾懺悔

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone