コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拍子舞 ヒョウシマイ

デジタル大辞泉の解説

ひょうし‐まい〔ヒヤウシまひ〕【拍子舞】

歌舞伎舞踊で、地の三味線楽曲の一部を、演者拍子に合わせ、または歌いながら舞うもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうしまい【拍子舞】

歌舞伎舞踊の一様式。地の音楽に三味線を用い,演者が拍子に合わせ,みずから唄いながら舞う小舞風の様式をいう。本来は三味線を使わず,鼓一挺の拍子に合わせて唄い舞ったものである。初期歌舞伎における拍子舞は,《舞曲扇林》に〈拍子舞の始りは右にいふ竹嶋幸左衛門親日本伝介也。それより小舞太郎兵衛,松本市郎兵衛,小舞庄左衛門也〉とあるように,女歌舞伎時代に猿若の名人と称された日本伝助を始祖に擬している。この伝承を見ても,拍子舞が,狂言師によってもたらされた〈小舞〉と深い関係を持ちながらも,それとは別の芸態のものであったことが知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうしまい【拍子舞】

歌舞伎舞踊で、その一部を演者が三味線の拍子に合わせて歌いながら舞う小舞こまい形式のもの。 → 小舞

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の拍子舞の言及

【男舞】より

…(1)平安時代末期から鎌倉時代にかけて流行した白拍子(しらびようし)舞の別名。水干に立烏帽子,白鞘巻の太刀という男装束で主に高級遊女が舞った。…

【拍子】より

…ただし,これは雅楽の小拍子のレベルの拍子であり,したがって,組歌の1歌が64拍子だとか,段物の1段は52拍子というように,雅楽の場合よりその数はずっと多くなる。一方,歌舞伎の所作事(しよさごと)では,槌(つち)拍子や足拍子などのリズムのおもしろさを強調する場面の音楽として,《供奴》や《小鍛冶》などの拍子の合方(あいかた)があり,また,俳優がみずからうたいながら踊る形式を拍子舞といい,《蜘蛛拍子舞(くものひようしまい)》などが,拍子舞部分を含む曲の代表的なものである。【蒲生 郷昭】
【西洋】
 西洋音楽では,一定の周期でアクセント(強拍)が繰り返されることを拍子という。…

※「拍子舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

拍子舞の関連キーワード杵屋正次郎(杵屋正治郎)藤間勘兵衛(2代)坂東又太郎(初代)杵屋佐吉(1世)中村仲蔵(2代)杵屋佐吉(初代)井上流(京舞)蜘蛛の拍子舞野郎歌舞伎鬼次拍子舞玉川さらし蜘蛛拍子舞秋田彦四郎藤間勘兵衛堅田新十郎日本舞踊杵屋佐吉拍子舞物西川扇蔵上方舞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android