コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮑照 ほうしょう Bao Zhao

4件 の用語解説(鮑照の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鮑照
ほうしょう
Bao Zhao

[生]義煕8(412)頃
[没]泰始2(466)
中国,六朝時代の宋の詩人。東海 (江蘇省漣水県) の人。字,明遠。低い家柄の出で,皇族の属官や地方官吏を転々とした末,荊州で皇族の反乱に巻込まれて殺された。前軍刑獄参軍事となったことがあるので鮑参軍とも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしょう【鮑照 Bào Zhào】

405‐466
中国,南朝宋の詩人。字は明遠。東海(江蘇省)の人。臨海王劉子頊(りゆうしぎよう)の前軍参軍となったので,鮑参軍とも呼ばれる。華麗な文才はことに一連の楽府(がふ)(歌謡調の詩)にすぐれた成果を示し,唐の李白の詩に大きな影響を与えた。宋の詩人として,謝霊運と並び称される。最後は戦乱の渦中で殺された。《鮑参軍集》10巻は,六朝(りくちよう)詩人の集の中では珍しく,ほぼ原形のまま伝わっている。【興膳 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうしょう【鮑照】

412頃~466) 中国、六朝時代、宋の詩人。字あざなは明遠。元嘉年間の三大詩人の一人として謝霊運・顔延之と併称された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鮑照
ほうしょう
(414?―466)

中国、南朝宋(そう)の詩人。字(あざな)は明遠。東海郡(江蘇(こうそ)省)の人。初め詩を献じて臨川王劉義慶(りゅうぎけい)(『世説新語』の編者)に認められ国侍郎(じろう)となり、その後、太学博士(たいがくはかせ)、中書舎人(しゃじん)、海虞令(かいぐれい)、永嘉(えいか)令など中央政府直属の官職も歴任したが、下層貴族の寒門(かんもん)出身であったため、上昇志向の挫折(ざせつ)を運命づけられていた。臨海王劉子(りゅうしぎょく)の参軍であったとき、皇族間の権力闘争が内乱に発展し、臨海王も中央に反旗を翻した。反乱は失敗に終わり、鮑照は攻防のさなか乱兵に殺害された。詩人としての鮑照は、同時代の謝霊運(しゃれいうん)、顔延之(がんえんし)とともに「元嘉(げんか)の三大家」とよばれ、叙景詩に新生面を開いたが、より大きな特色は、楽府(がふ)に優れていたことである。彼自身が貴族社会の不合理に直面していたため、現実批判の姿勢を楽府の伝統のなかに生かし、下層貴族の悲哀や民衆の苦難を歌った。主要な作品は『文選』に収められ、『鮑氏集』10巻がある。なお、妹の鮑令暉(ほうれいき)も女流詩人として名高い。[成瀬哲生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鮑照の関連キーワード顔延之許渾厳羽謝霊運世説新語陳師道劉義慶劉裕宋書杜詩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone