コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯛屋貞柳 たいや ていりゅう

美術人名辞典の解説

鯛屋貞柳

江戸中期の狂歌師。姓は榎並、通称は永田善八、別号に信乗・油煙斎・精雲洞等がある。豊蔵坊信海に学び、斯道中興の師と仰がれる。享保19年(1734)歿、81才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいや‐ていりゅう〔たひやテイリウ〕【鯛屋貞柳】

[1654~1734]江戸中期の狂歌師。大坂の人。鯛屋という屋号の菓子商の出身。本名、永田良因、のち言因。通称、善八。別号、油煙斎など。紀海音の兄。上方狂歌壇の第一人者。著「置みやげ」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鯛屋貞柳【たいやていりゅう】

永田貞柳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たいやていりゅう【鯛屋貞柳】

1654~1734) 江戸中期の狂歌師。永田氏。通称、善八。別号、油煙斎・由縁斎。紀海音の兄。大坂の人。最初の専門狂歌師で、享保期上方狂歌壇の中心的人物。著「家津登いえづと」「油縁斎置土産」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鯛屋貞柳
たいやていりゅう

[生]承応3(1654).大坂
[没]享保19(1734).8.15. 大坂
江戸時代中期の狂歌作者。姓名,永田良因,のち言因または宗伯。諱は信乗。通称,善八。別号,由縁斎,油煙斎,精霊洞,霜露軒,珍菓亭,助栄亭,生軒,長生亭,遊魚子,放曠子。大坂船場南御堂前雛屋町の宮中御用菓子司で,鯛屋山城掾 (じょう) という。父貞因は俳諧,狂歌をよくし,弟貞峨は浄瑠璃作者紀海音であり,叔父貞富も狂歌で名高い。初め父に,のち豊蔵坊信海に学び,ついに家業を捨てて狂歌に専念,浪華狂歌中興の祖となった。編著『狂歌家づと』 (1729) ,『続家づと』 (31) ,『狂歌机の塵』 (35) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鯛屋貞柳
たいやていりゅう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鯛屋貞柳の言及

【永田貞柳】より

…江戸中期の狂歌師。由縁(油煙)斎貞柳,鯛屋貞柳ともいう本名は榎並善八。別号は良因,言因,珍菓亭など多数。…

※「鯛屋貞柳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鯛屋貞柳の関連キーワード油煙斎貞柳人形浄瑠璃紀上太郎がた

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android