コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリ

デジタル大辞泉の解説

ぶり【×鰤】

アジ科の海水魚全長約1.5メートル。体は紡錘形でやや側扁し、背は暗青色、腹は白色で、体側中央に不明瞭な黄色の縦帯が走る。温帯性の回遊魚で、夏季に日本の沿岸沿いに北上し、冬季に南下する。出世魚で、に、関東ではワカシ・イナダ・ワラサ・ブリ、関西ではツバス・ハマチ・メジロ・ブリとよぶ。定置網や1本釣りで漁獲され、食用。 冬》「―あげ場裸灯(はだかび)をどる男の肩/綾子」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶり【鰤】

スズキ目の海魚。全長約1メートル。体は紡錘形でやや側扁する。背は暗青色、腹は銀白色で、体側中央に一本の黄色帯が縦走する。代表的な出世魚で、東京付近ではワカシ・イナダ・ワラサ・ブリの順に、大阪付近ではツバス・ハマチ・メジロ・ブリの順に成長につれ呼び名が変わる。寒ぶりといわれて冬、特に美味。ハマチの養殖も盛ん。回遊魚で、日本各地の沿岸に分布。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鰤 (ブリ)

学名:Seriola quinqueradiata
動物。アジ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鰤の関連情報