コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリ

デジタル大辞泉の解説

ぶり【×鰤】

アジ科の海水魚全長約1.5メートル。体は紡錘形でやや側扁し、背は暗青色、腹は白色で、体側中央に不明瞭な黄色の縦帯が走る。温帯性の回遊魚で、夏季に日本の沿岸沿いに北上し、冬季に南下する。出世魚で、に、関東ではワカシ・イナダ・ワラサ・ブリ、関西ではツバス・ハマチ・メジロ・ブリとよぶ。定置網や1本釣りで漁獲され、食用。 冬》「―あげ場裸灯(はだかび)をどる男の肩/綾子」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶり【鰤】

スズキ目の海魚。全長約1メートル。体は紡錘形でやや側扁する。背は暗青色、腹は銀白色で、体側中央に一本の黄色帯が縦走する。代表的な出世魚で、東京付近ではワカシ・イナダ・ワラサ・ブリの順に、大阪付近ではツバス・ハマチ・メジロ・ブリの順に成長につれ呼び名が変わる。寒ぶりといわれて冬、特に美味。ハマチの養殖も盛ん。回遊魚で、日本各地の沿岸に分布。 [季] 冬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鰤 (ブリ)

学名:Seriola quinqueradiata
動物。アジ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鰤の関連キーワード鹿児島県産養殖ブリ日本山海名産図会日高 亀市フルーツ魚日高亀市ツムブリ年取り魚稲葉紀通骨正月銀白色香川県幸い木血切り分布呰部海魚二番九鬼細口巻網

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鰤の関連情報