コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰹木 カツオギ

デジタル大辞泉の解説

かつお‐ぎ〔かつを‐〕【×鰹木】

神社・宮殿の、棟木の上に直角に並べた装飾の木。断面は円・角・五角形など。形がかつお節に似ているところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鰹木
かつおぎ

神社本殿のに置かれる棟飾り。棟と直交して円筒形の材を等間隔に並べる。家形埴輪(はにわ)に鰹木のあるものがみられるように、古墳時代にすでに棟飾りとして用いられていたことが知られる。『古事記』には、志貴県主(しきあがたぬし)の住居に鰹木がのっているのを雄略(ゆうりゃく)天皇がみつけ、天皇の宮殿に似ていると激怒したことが記されている。鰹木を飾ることは首長の住まいを象徴するものであったろうし、神の住まいである本殿にこの棟飾りを用いるのも、象徴的な表れと解される。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鰹木の関連キーワード鰹・松魚・堅魚神明造りかや葺き日本建築日本美術伊勢神宮大社造り住吉造りカツオ堅魚木神明造住吉造春日造甲板

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android